認定NPО法人への取り組み

■平成30年(2018年)1月12日、当法人は認定NPО法人となりました。
当NPOでは昨年来認定NPOの申請を行っておりましたが、この程、平成30年1月12日付にてさいたま市長より認定を取得いたしました。全国50,000を超えるNPO法人の中の約1,000法人の仲間入りを果たしました。
認定有効期間は平成30年2月1日より5年間です。

認定NPOには従来の特例認定NPOの時の優遇に加えて以下の新たな税の優遇があります。
 ●新たな優遇  
  相続または遺贈により財産を取得した者が、その取得した財産を認定NPO法人に寄附した場合、その寄附をした財の価額は相続税の課税価格の計算基礎に算入されません。
 ●今までの優遇はそのまま継続されます。
  ○個人が寄附した場合
   所得税、住民税をあわせて、寄附金額から2,000円を控除した金額の最大で50%(上限あり)の軽減が受けられるようになっています。
   (例)3,000円を寄附した場合
       (3,000-2,000)x 50%=500(還付額)
       所得税控除=40%、住民税控除=10%
       *所得税控除はその年分の所得税額の25%が限度
  ○法人が寄附した場合
   一般寄附金の損金算入限度額とは別に、特別損金算入限度額の範囲内で損金算入が認められます。

本年度は、「広げよう市民後見の“わ”」をスローガンとして、「相談事業」「生活支援事業」「後見事業」等を通じて、市民の目線で地域に貢献して参りましたが、さらに今年度及び来年度に向けて、地道な活動の継続により、地域の一層の信頼を頂くよう努力するとともに、引き続き基盤強化、コンプライアンス遵守に邁進してゆく所存ですので、何卒一層のご支援をお願いいたしますとともに、当NPOへのご寄附をよろしくお願いいたします。
 ●寄附の方法
   現金及び振込 振込先:埼玉りそな銀行 与野支店 普通口座番号4632998 
              トクヒ)シミンコウケンセンターサイタマ            
     いずれの方法も寄附者は氏名、住所を明確にする必要があります。
     所定の領収書(寄附金受領証明書)を発行いたします。(確定申告に使用)
     寄附者名簿で管理いたします。

■平成27年(2015年)10月1日、当法人は仮認定NPО法人となりました。
・当法人理事長のご挨拶です。⇒仮認定NPOご挨拶
 ・仮認定NPО法人とは?こちらをご覧ください。⇒仮認定NPО説明書

■平成27年(2015年)3月24日、仮認定NPО法人の申請を行いました。
最終認定はこれからになりますが、これを機に、今後より一層の組織基盤の強化と法規定強化による信頼性の向上に取り組んで参ります。
また、寄付文化を育むことにより、共に活動する仲間を増やし賛同者の裾野拡大を目指していますが、その一環として浦和駅近辺に新しい事務所の開設も検討しています。

高い信頼性・公益性に基づく「仮認定NPO法人」により行われる社会貢献事業は、多くの皆様の寄付やご支援により運営されます。
皆様からの寄付は、多くの認知症高齢者や親亡き後の精神疾患を抱えた方々に対する後見事業を通じた支援活動に活用させて頂きます。

当法人では、このような趣旨をご理解頂いた皆様からのご寄付をお受け致しております。

寄付金額:3,000円以上でお願い致します。
振込先: 埼玉りそな銀行 与野支店  普通 4632998 トクヒ)シミンコウケンセンターサイタマ

詳しくは当法人までお問い合わせください。